脚のむくみ対策の決定版!むくみに効く食べ物やサプリ、運動やツボなど

知っておきたい!なかなか取れない脚のむくみ…治らない原因は?

知っておきたい!なかなか取れない脚のむくみ…治らない原因は?

 

 

夕方になると脚がむくんでしまうという女性は多いと思ますが、お風呂に入ってもマッサージをしても、なかなかむくみが取れないほどひどい症状に悩んでいる方もいます。脚がむくんでしまう事には様々な原因が関係していると考えられますが、具体的にはどんな原因があるのでしょうか?この記事では、よくある脚のむくみの原因についてご説明します。

 

脚のむくみの原因を一言でいうと、「余計な水分が排出されない。」という事になります。しかし、なぜ水分が排出されないのかは、その人によって異なります。この症状は、女性特有のものではありませんが、男性よりも女性の方が脚のむくみに悩みやすいと言われています。
その原因の一つは、筋肉量です。女性は男性の体に比べて筋肉が少ないのです。筋肉と、むくみは一見無関係のように思えますが、心臓から遠く離れた脚の血管は、筋肉がポンプのような働きをすることによって、血液が心臓へと送り返されます。筋肉が少なければ、ポンプの力も弱まるため、血液の循環が悪くなってしまいます。余計な水分は通常血液とともに体内を循環するため、筋肉量の不足が脚のむくみの原因となってしまうのです。

 

 

 

 

さらに、女性は冷え性の方が多いのですが、それも脚のむくみと関係があります。体が冷えると、手足が冷たくなるのと同時に、爪や唇が紫色になってしまいますよね。体が冷えてしまうと、血管が収縮してしまい、体内の循環が悪くなります。そうすると、やはり余計な水分がうまく排出されず、重力で体の下の方、脚に溜まりやすくなるのです。

 

また、食生活に、むくみが治らない原因がある場合もあります。塩分の多い食事は特に要注意です。体内の塩分バランスを正常にもどすために、体が水分を余計にため込んでしまうからです。外食が多い方や、アルコールをよく飲む方は、食生活に大きな原因があるのかもしれません。サラダにかけるドレッシングなどを控えめにしたり、ラーメンの汁は飲みきらないようにするなど、食事の塩分量を調整しましょう。特に寝る直前に塩分を取るのはNGです。

 

 

 

 

このように、脚のむくみが取れないことには、生活習慣などに原因があることが多いようです。しかし、食事のバランスを気をつけたり、程よく体に筋肉をつけるように運動を心がけたり、体を冷やさないように気をつけるなど、ちょっとしたことで改善できる場合もあります。

 

とはいえ、まれに心臓や腎臓の疾患が原因でむくみの症状が現れる場合もあります。あまりにもひどいようであれば、専門の医療機関を受診して医師に相談してみてくださいね。

 

下記の記事も参考までにどうぞ。

 

 

脚のむくみ解消サプリ「きゅきゅっと小町」口コミや効果は…